医療脱毛

医療脱毛の予約はどうなっている?注意することは?ペナルティはあるの?

施術日に予約ってキャンセルしたら罰金があるって聞いたんですが、本当なんですか?
クリニックによって対応が違いますが、ペナルティを設けるクリニックはありますよ。
やっぱりそうなだぁ。
でも急に生理がきちゃったということもあり得るじゃないですか。
そんな場合、特別に対応してくれることはないんですか?
では、今回は施術の予約における注意点をお伝えしますね。

施術後に次回予約をとるのが一般的

医療脱毛の予約の取り方は、一般的に契約した日に1回目の施術予約をとることになります。
契約したらその日に脱毛できるんじゃないんですか?
いいえ、多くのクリニックは契約内容に関する説明、施術前後のシェービングやスキンケアの説明になります。
本格的な脱毛施術は次回からになります。
なるほどです。
1回目の施術を行ったあと、次回の(2回目の)予約をとる流れになります。
予約の取り方はそういう流れなんですね。
でも予約日に後から別の用事が入ってしまったら、変更できるんでしょうか?
できますよ。
ただ、当日など、ぎりぎりの変更やキャンセルだと、ペナルティが課されることもあります。
では次に、ペナルティの具体例を紹介します。

予約キャンセルのペナルティ内容例

いま人気の脱毛クリニックを例に、予約キャンセルの対応例を挙げます。

フレイアクリニック

初回当日キャンセル
施術1回目のみ無料、2回目以降は施術1回分消化。
初回だけ許してあげますが次回からはNGですよ、という対応ですね。

予約変更
2営業日前の、
 20時までの連絡→ノーペナで変更OK
 20時すぎて連絡→1回消化

リアラクリニック

「当日生理になった」など当日キャンセルもペナルティ無し。
ただし無断キャンセルは施術1回分消化。

レジーナクリニック

予約変更は、
2営業日前の、
 20時までの連絡→ノーペナで変更OK
 20時すぎて連絡→1回消化

リゼクリニック

予約日当日に生理になり予約変更する場合は、予約時間の3時間前までに連絡すればノーペナで変更OK。
もし連絡がなかった場合、施術1回分が消化される。
予約変更は、2営業日前の20時までの連絡なら変更可能。

どのクリニックも、それぞれにペナルティがあるんですね。
そうですね。
ほとんどのクリニックはペナルティの発生条件を設定しています。
1回分の施術は数万円分するはずですから、無駄に捨てることが無いよう十分注意しましょう。

脱毛クリニックに通っている期間中は、ご自身のスケジュール管理をしっかり行ってください。
そしてクリニックの営業時間とキャンセルルール、遅刻の対応を把握しておきましょう。

また失敗しがちなのが、お酒の席での予約が入った時。
術前後の数日間はどのクリニックも飲酒NGです。

予約のキャンセルとは別に注意点もあるんですね。チェックしておきます。

通っているサロンやクリニックで予約が取りにくいなら、乗り換えるという手段もあります

人気になりすぎて予約が取りにくくなってきた、ということもよくあります。
そんな時は他のクリニックへの乗り換える方も結構いらっしゃいます。
乗り換えですか?
え~、でも契約金は返ってこないし、損しますよね?
解約料が返ってこないのは一昔前のことですよ。
今はフレイアクリニックのように解約手数料が無料、未消化の契約回数分は返金というクリニックも増えてきました。
解約のハードルが低いということは、契約時の安心感にもつながりますよね。
へぇ~、解約手数料がかからず返金にも応じてくれるクリニックさんもあるなんて!
もしお仕事で転勤の可能性があるんでしたら、解約手数料無し、返金対応ありのクリニックが良いかもしれませんね。
画面下バナー「フレイアクリニック」月額3600円